思うこと

トライアスロンの初期費用はどのくらい?

みやわた

トライアスロンに挑戦すると決心したあなた。

次に、気になる要素として挙げられるのはトライアスロンを始める際の初期費用だと思います。

3種目あるトライアスロンは、揃えなければならない道具も他のスポーツの3倍になります。しかも、トレーニングとレースでは使用するウェアや道具をそれぞれ別のものを用意しなければならないものもあります。

ここでは、トライアスロンを始めるにあたり、必要な道具やその予算を紹介していきたいと思います。

トライアスロンは「お金が掛かる趣味」と思われる方が多いと思いますが、その予想はあながち間違いではありません。3種目あるトライアスロンはどうしても他のスポーツより初期費用は高くなりがちです。しかし、自分の予算に応じて道具を揃える事によりトライアスロンを楽しめることができます。では早速予算別に道具を見てみましょう。

私がトライアスロンに掛かった初期費用

まず、私がトライアスロンを始めるにあたり掛かった初期費用を計算してみました。当時の私はトライアスロンを始めるにあたり、やってやるぞいう意気込み半分、あまり高いものを買うと辞めた時後悔するかも半分であまり効果なものは買いませんでした。

スイム編

まずは、スイム編から。基本的スイム道具については、通販等を利用して出来るだけ予算を抑えて揃えました。特にウェットスーツは海外通販を利用し安く入手しました。

当時の私は、“もしトライアスロン挑戦に挫折したら”ということも念頭に置いて道具を揃えていました。

トライアスロンに挫折した場合、1番不要になるものは何かと考えた時スイム道具だと考えていたためスイム道具にはあまりお金をかけませんでした。

アイテム名価格備考
ウェットスーツ ¥9,800海外通販
スイムキャップ ¥800Amazon
ゴーグル ¥1,800Amazon
水着 ¥3,800Amazon
曇り止め ¥600Amazon
合計金額¥16,800
スイムの初期投資アイテム

バイク編

バイクパートは、3種目の中で一番費用が嵩みます。

特にロードバイクの本体価格が初期費用の合計金額を大きく左右させます。初めての方に気をつけてもらいたいのは、バイクパートはロードバイク本体の他にアイテムをたくさん購入する必要があるという事です。

バイクパートの予算≠ロードバイク本体 では無いことを念頭に置いてください。

では早速費用を見てみましょう。

まず、下記リストがトライアスロンを始める為に買ったアイテムになります。

アイテム名価格備考
ロードバイク¥298,000MADONE 4(セール品)
スピード&ケイデンスセンサー  ¥6,000本体埋め込み式(TREK純正)
ボトルケージ×2 ¥3,000
ヘルメット ¥16,000TREK ヘルメット
サイクルコンピュータ ¥20,000GARMIN
フロアポンプ ¥4,000 パナレーサー
ヘッドライト/テールライト ¥5,000CATEYE
合計金額¥352,000

まず、1番費用がかかるバイクですが、TREKのMADONE 4にしました。

何故このバイクにしたかというとフレームカラーがカッコ良かったからです。当時ロードバイクの情報に疎くスペックはほとんど気にしませんでした。コンポは105が付いていました。この自転車でトライアスロンデビューするつもりでしたが、練習中車に衝突されフレームが折れてしまいこの自転車でのデビュー戦は夢となりました。

その他のアイテムについては、高くもなく安くもないものを購入しました。特にヘルメットや、ライト類は地味に高いですが、安全に直結するモノなのであまり安いモノを購入するのはオススメしません。

次に、ロードバイクを乗り始めてから必要と感じたアイテム達です。特にペダルは通常のフラットペダルでは物足りなくなり、靴とペダルを固定出来るタイプに変更しました。また、ロングライドをするに当たりパンク修理キットも買う必要がありました。サングラス、サイクルウェアは高品質で安いものを探した結果セール品及び海外通販で入手する事にしました。

アイテム名価格備考
ペダル ¥9,000Shimano 105
サイクルシューズ¥14,800
サングラス¥16,800海外通販
パンク修理セット ¥5,000バッグ/ポンプ/レバー
スペアチューブ ¥1,000GARMIN
サイクルウェア¥10,000 上下(セール品)
合計金額 ¥61,600

バイクパートで購入したアイテムの総額は、¥413,600になります。

バイク本体以外のアイテムで約10万円位かかる事を頭に入れてバイク本体の予算を組むと良いかもしれません。

ラン編

最後にラン編です。

ランについては、トライアスロンを始める前にマラソンに挑戦していたのでウェア類等は既に所有しておりました。よってランパートで購入したものと言えば新調したシューズくらいでしょうか。

アイテム名価格備考
ランニングシューズ    ¥16,800ON Cloud Flow
ランニングウェア   –既に所有
サングラスバイクのものを兼用
合計金額 ¥16,800

トライアスロン編

各パートとは別にレースに参加する上で購入したものがあるのでリストアップしました。

アイテム名価格備考
トライスーツ ¥13,000海外通販
ランニングウォッチ¥39,800Garmin
ゼッケンベルト ¥1,900
帽子 ¥4,000熱中症対策
カーフサポーター ¥4,000
ワセリン ¥800ウェットスーツ着用前塗布
合計金額¥63,500

トライスーツについては、無くてもレースに参加は出来ますが、着替える時間を短縮出来るメリット等あるので予算が許せば是非購入してください。私はトライスーツも海外通販で購入しました。

初期費用でかかった総額

私の場合ですが、トライアスロンを始めるに当たり掛かった初期費用は下記になります。

パート別価格備考
スイムパート ¥16,800海外通販
バイクパート¥413,600既に所有
ランパート ¥16,800
トライアスロン(レース用) ¥63,500バイクのものを兼用
合計金額¥520,700

私の場合は、総額¥520,700になりました。しかし、自分自身トレーニングを行いながら少しづつアイテムを集めた為、感覚としてはここまで費用がかかっているとは思いませんでした。

これからトライアスロンにチャレンジされる方の一気にアイテムを購入せずにトレーニングを行いながら少しづつアイテムを集めていけばいいと思います。

最低費用はいくら?購入アイテム提案

トライアスロンにチャレンジしてみたいけれど、支出を最低限に抑えたいという方向けに、トライアスロンを始めるのに最低いくら費用がかかるか考えてみました。

購入アイテム提案のPOINT
  1. ただ安いモノでは無く、価格とスペックのバランスを比較して選んだ
  2. 比較的入手しやすいAmazonで買えるものを選んだ
みやわた

安いアイテムを購入して、満足いかず買い直してしまわないよう価格とスペックのバランスを考えながらアイテムこ集めていきましょう。

スイム編

アイテム名価格備考
ウェットスーツ ¥3,7501週間レンタル価格
スイムキャップ ¥790Amazon
ゴーグル3点セット ¥1,344Amazon
水着 ¥1,898Amazon
合計金額¥7,782
スイムの初期投資アイテム

まず、ウェットスーツについては、レンタルすることにより費用を抑えております。1週間レンタル出来るのでレース前に海で実践練習も出来ると思います。

その他のアイテムは全てAmazonで購入出来るものにしました。特にゴーグルについては3点セットで(ゴーグル、ケース、曇り止め)この価格はお得と思います。

リストアップの参考にしたアイテムをまとめてみましたので宜しければ検討してください。

バイク編

アイテム名価格備考
ロードバイク ¥99,000TREK(DOMANE AL2)
ボトルケージ×2 ¥3,000TREK
ヘルメット ¥8,140TREK
フロアポンプ ¥2,799 Amazon
ヘッドライト/テールライト ¥2,193Amazon
パンク修理キット ¥2,699Amazon
合計金額 ¥117,831

1番コストが嵩むバイクパートで10万代前半で抑える事が出来ました。但し必要最低限のアイテムになりますのでここから必要に応じてアイテムを買い足してください。

ロードバイク本体については、信頼出来る自転車メーカーのTREKのものをチョイスしております。ロードバイクも探せばもっと安いものがあるかもしれませんが、保証もしっかりしているものを購入するべきです。

因みに表の価格はリムブレーキモデルとなり、ディスクブレーキモデルになると¥123,200となります。ロードバイクはサイズが重要になってくるので、必ずお店に行ってショップ店員さんに相談しながら選ぶようにしてください。

ロードバイクの選び方を詳しく知りたい方は下記ブログも参照して頂けたら幸いです。

初心者の為のロードバイクの選び方ロードバイク購入のアドバイスを書いてます。...

リストアップの参考にしたアイテムをまとめてみましたので宜しければ検討してください。

フロアポンプは、安くても空気圧が分かるものを購入しましょう

ラン編

アイテム名価格備考
ランニングシューズ¥10,900Amazon
ランニングウェア(上) ¥1,374Amazon
ランニングウェア(下)¥2,640Amazon
ランニングキャップ¥1,677Amazon
サングラス ¥4,070goodr公式サイト
合計金額¥20,661

ランニングシューズは、asicsのGT-2000 をチョイスしました。このシューズはランニング初心者の方にオススメのシューズです。シューズについては、自分の走力にあったものを選びましょう!

ランニングシューズの選び方を詳しく知りたい方は下記ブログも参照して頂けたら幸いです。

初心者の為のランニングシューズの選び方 みやわた みなさんこんにちは今回はランニングシューズの選び方について書いていきたいと思います  トライアスロンの3競技(スイム...

ランニングウェア、キャップについてはシューズメーカーと同じasicsで探してみました。全て同じメーカーで統一するとカッコいいですしテンションも上がります。

サングラスについては、スタイリッシュでコスパのいいgooderのものをチョイスしました。オシャレランナーが最近良くこのサングラスを使用しているのを見かけます。私は試着した事がありますが、軽さ、ズレにくさはオススメで出来るアイテムです。

リストアップの参考にしたアイテムをまとめてみましたので宜しければ検討してください。

トライアスロン編

アイテム名価格備考
トライスーツ¥8,211Amazon
ゼッケンベルト ¥1,080Amazon
合計金額¥9,291

トライスーツもAmazonで売っていました。リストに挙げたトライスーツはJTUが推奨する背面ジップ(後ろにファスナーがあるタイプ)でした。1つ欠点なのは、ポケットが背部に付いていない事です。しかし価格が安いためこのアイテムをチョイスさせていただきました。

ゼッケンベルトは、他のメーカーも同様の価格帯ですので、好きなもをチョイスされたらいいと思います。

リストアップの参考にしたアイテムをまとめてみましたので宜しければ検討してください。

気になる総額は?

各パートの金額を合算してみましょう。

パート別価格備考
スイムパート ¥7,782
バイクパート¥117,831
ランパート ¥20,661
トライアスロン(レース用) ¥9,291
合計金額¥155,565

総額は¥155,565となりました。

よって、16万円程あれば最低限のアイテムは購入出来る結果となりました。

勿論、今回の提案は最低限のアイテムの為、トレーニングやレースを通じて物足りなくなるかもしれません。その時は各々必要に応じてアイテムを買い足して行けばいいと思います。

また、予算はそれ以上ある方については、ロードバイク本体のスペックを上げ、サイクルコンピュータ、ランニングウォッチなどを購入すればいいと思います。

最後に

今回は、トライアスロンを始めるに当たり気になる初期費用について書いてみました。

これからトライアスロンを始める方の参考にしていただければと思います。

また、気になる事があれば連絡して頂けたら解る範囲でお答えさせて頂きます。

楽しいトライアスロンライフになる事をお祈りいたします。