思うこと

トライアスロングッズを激安で購入できる!?海外通販の活用法について

みやわた

みなさんこんにちは。
今回は、使いこなすと強い味方になる海外通販の活用方法について紹介していきます。

海外通販は安心

 インターネットが普及また、海外通販サイトの日本語対応により、海外通販は本当に簡単になりました。誰でも気軽に海外通販を利用できるようになっています。本当に国内の通販と変わらないお手軽さで商品を手に入れることが出来ます。

 昔は、怪しい海外通販サイトを利用して、商品が届かないことや、不良品であった際のアフターフォローが杜撰だったこともあったようですが、今ではしっかりとしたサイトを利用すればそのような心配も入りません。

 「海外通販=怪しい」と思う人はもう少ないと思いますが、断言出来ます。しっかりとサイトを選んで購入すれば「安心」です。

 今回は海外通販の利用方法について私の考え方を記事にして行きたいと思います。

海外通販のメリット、デメリット

メリット

 メリットと言えばまず出てくるのはその価格でしょう。日本で購入するアイテムの半値程度で購入できるものもあります。また、ネットでこの商品(アイテム)欲しいと思っても日本では取り扱っていないアイテムであったり既に販売が終了したものについても通販サイトに取り扱いがあれば簡単に購入することが出来ます。

  • 購入価格が日本で購入するより、安く購入することができる
  • 日本で未発売のもの、日本輸入代理店が取扱終了した商品を購入することができる
みやわた

私も実際、欲しいトライシューズがあった時日本の代理店に電話して今後の取り扱いがあるか聞きましたが、無いと言われたので海外通販で購入したことがあります。

デメリット

 デメリットといえば、まず並行輸入品になるので、日本販売店(販売代理店)の保証を受けられないことでしょう。これは、安く購入できる代わりの負債と思って下さい。日本販売代理店経由で購入した場合は販売価格が高い代わりにしっかりとした保証が受けられると思います。
 また、今ではそこまで気になりませんが、やはり商品注文から到着までで時間がかかるということです。緊急で使用するモノの購入はやめておきましょう。

  • 日本販売店(販売代理店)による保証を受けれられない場合が多い
  • 商品注文から到着まで時間がかかる場合がある(1週間程度でくる場合もある)
  • 不良品の場合しっかり返品、交換対応をしてくれるがそのやり取りは国内購入よりは手間

海外通販の活用法

 次に私が考える、海外通販の使い方について書いていきます。日本正規販売店経由で購入するより安く買える場合が多い海外通販ですが、海外通販に向き不向きなアイテムがあると考えています。その向き、不向きと考えるアイテムを紹介して行きます。

海外通販での購入に向いているアイテム

 基本的に、私自身海外通販を利用しているときに考えることは、海外通販のデメリットであるメーカー保証を受けれるか否かです。メーカー保証を受けられなくても良いもの(主に消耗品)の購入が多いです。

スイム編

  • 水着 
    サイズさえ分かれば日本では販売していないメーカーの水着、種類を購入することが出来ます。
  • 1番最初に購入するウェットスーツ
    初心者の為のウェットスーツの選び方にも書いていますが、初めてのウェットスーツは競技を続けていくうちに体型が変わるので、安いウェットスーツでいいと考えています。
  • ゴーグル
    水着と同様、日本では販売していないメーカーの水着、種類を購入することが出来ます。
  • スイム練習道具
    日本では販売していない様々なグッズがあります。

バイク編

  • タイヤ、チューブ等の消耗品(カーボンホイール用ブレーキシューも)
    タイヤに関しては日本の販売店経由で購入するより半値近くで購入できる場合が多いです。チューブについては、所謂高級チューブ(ラテックス、ハイテク素材)も安く購入できるのおすすめです。タイヤ、チューブは消耗品ですし、自分で変えれる方が多いと思うのでお勧めです。
  • サングラス
    サングラスも、私はメーカー保証はいらないと考えており、初期導入コストが低くなる海外通販で購入します。オークリーのサングラスが日本の販売店経由で半値以下で購入出来ます。注意点としては、オークリーに関していえば、日本で販売されているものはアジアンフィットと呼ばれ日本人に合うようノーズパッドの形が変更されていることです。海外通販で販売されているのはアジアンフィットではありません。仮にフィット感が悪かったとしてもノーズパッドのみ購入できるので安心して下さい。
  • バーテープ
    自分で交換できるのであれば、バーテープも購入の対象になると思います。私は、リザードスキンズというメーカーのバーテープを愛用しているのですが、日本で購入すると4,500円程度ですが、海外通販を利用すると(カラーを選ばなければ)1,000円程度で購入出来た場合がありました。
  • ステム
    ステムもセルフで交換しやすいアイテム且つ、ボジション調整をこまめに行う方は購入頻度が高くなるアイテムなのでおすすめです。高級なアイテムになる程、日本販売価格より割安で購入できる場合が多いです。しかし、実販売店(自転車屋)の場合は無料で貸し出しを行なっていたり、一定期間であれば返品、交換が可能なことがあるので良し悪しです。
  • サドル
    サドルもステムと同様の理由です。
  • 練習用サイクルジャージ、インナー
    安くて、品質の良いジャージ、インナーは練習用にピッタリのアイテムです。
みやわた

カーボンホイール用ブレーキシューって結構高いですよね。

ラン編

  • サングラス
    バイク編サングラスと同様の理由です。
  • ウェア類
    バイク編練習用サイクルジャージ、インナーと同様の理由です。

その他

  • プロテイン、サプリ等の健康補助食品
    プロテイン、サプリ各種も良質でコスパの良いアイテムが購入出来ます。私はプロテインバーを良く購入しています。理由としては日本で販売しているものに比べプロテイン含有量が多く、糖質が少ないもの多いからです。しかし、海外特有の食感(キャラメルを少し柔らかくしたようなネチョッとした)やフレーバーが合わない方もいるかもしれません。
  • 補給食
    日本では当時販売していなかった補給食を買ったことがあります。現在は日本で購入できる為日本販売店で購入してますが、気になる補給食があれば試してみても良いかもしれません。

海外通販での購入に向いていないアイテム

 次に海外通販に向いていないアイテムを紹介していきます。

  • ロードバイク本体
    自分でメンテナンスできる方を除いてお勧めではありません。特に初めてロードバイクを購入する方には特にお勧めしません。バイクショップへ行き店員さんと相談の上、サイズ、グレードを決めた方が良いです。また、メンテナンスも購入したバイクショップに持ち込めば行なってくれます。海外通販で購入したバイクをメンテナンスの為バイクショップへ持ち込んだ場合、保証の観点から引き受けてもらえない場合もあります。
  • ロードバイクフレーム
    ロードバイク本体と同様です。自転車を1から組み立てられる人は問題ないですが、一般的にフレーム持ち込みで組み立てもらいたいと思いバイクショップへ持ち込んだ場合、保証の観点から引き受けてもらえない場合もあります。
  • ホイール
    ホイールに関しては▲です。日本販売店経由で購入するより安く買える場合が多いです。メーカー保証を受けられなくても良く、自分が欲しいホイールが安ければ買っても良いかもしれません。また、ホイールも個体差があるので、フレやスポークのテンション等の調整が自分で出来れば申し分ないです。
  • シューズ類
    シューズはウェア類に比べサイズがシビアになります。事前にサイズが分かっていれば良いですが、サイズが合わない場合は使い物になりません。(サイズ交換は通販サイトの落ち度がない限りは応じてくれないと思います。)

海外通販のサイト紹介

 海外通販サイトの紹介をしていきます。今から紹介するサイトは私が実際使用した事があるサイトですので、安心して活用していただいて大丈夫と思います。

Wiggle

まず、海外通販といえばWiggleだと思います。私も1番最初に利用した海外通販サイトです。日本語対応で日本の通販と遜色無くショッピングを楽しむ事が出来ます。Wiggleの良いところはトライアスロングッズも多数取り揃えているところです。私も初めて利用した際ウェットスーツ、トライスーツ等のトライアスロングッズを購入しました。9500円以上の購入で送料無料になりますが追跡番号は付与されず、配送状況を確認することはできません。問題無くくると思いますが心配な方はオプションで追跡番号有りに変更する事が出来ます。(サイズによって価格変動)

Wiggle日本語サイト

Chain Reaction Cycles

 このChain Reaction Cyclesも日本語対応です。トライアスロングッズはほとんど取り扱いはありませんが、自転車のパーツの取り扱いは多く使いやすいサイトです。Wiggle同様9500円以上の購入で送料無料になりますが追跡番号は付与されず、配送状況を確認することはできません。問題無くくると思いますが心配な方はオプションで追跡番号有りに変更する事が出来ます。(サイズによって価格変動)

Chain Reaction Cycles日本語サイト

ProBikeKit

 タイヤを購入した事があるサイトです。この通販サイトはホイールが他のサイトに比べ安くなる傾向があります。また、数時間限定のフラッシュセール(21時からが多い)等も行われる為、ハマればかなり安く商品を購入する事が出来ます。日本語対応です。13600円以上の購入で送料無料になりますが追跡番号は付与されず、配送状況を確認することはできません。問題無くくると思いますが心配な方はオプションで追跡番号有りに変更する事が出来ます。(サイズによって価格変動)

ProBikeKitサイト→https://www.probikekit.jp/?gclid=CjwKCAjw-e2EBhAhEiwAJI5jg3QlRNFC3JQ0feHr3QjVm–ZtTb8X662JZKSBkftHeHjQ3-O94ycQhoCIRMQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

Marlin Cycles

 オークリーのサングラスを購入したサイトです。ここも自転車のパーツを多く取り扱っており、日本語対応サイトのため安心です。
Marlin Cyclesサイト→https://www.merlincycles.com/ja-jp/

マイプロテイン

 今でこそプロテインは他社で購入していますが、その他のサプリメント、プロテインバーはマイプロテインを利用して購入してます。なんといっても魅力は販売価格に対してのクオリティが高い事です。マイプロテインも定期的にセールを行なっています。ゾロ目(例6月6日)やクリスマスなどのイベント行事などの時にセールを行う傾向があります。日本語対応です。8500円以上の購入で送料無料になるのでお得です。

【マイプロテイン】日本語サイト

関税、消費税

気になる関税、消費税

 最後に関税、消費税に関するポイントをまとめておきます。
 海外通販を利用するにあたりこの部分が不安な方も多いかと思います。海外から商品を輸入する場合、関税、消費税が通常発生します。その考え方を簡単に説明したいと思います。

関税

 関税とは、外国から買ってくるモノ(輸入品)に掛けられる税金です。

 関税額は基本的に「課税対象価格」×「関税率」で計算します。
 商品代金+輸入にかかる保険料+日本までの運賃=課税対象価格となります。

ここからが重要です。

決まり事①  
個人輸入の場合「課税対象価格」が本来の計算額の60%で良くなる
決まり事②
課税対象額が10,000円以下の時には基本的に関税が無税となる制度がある

決まり事①+②を掛け合わすと

決まり事③
個人輸入の場合、課税対象額が16,666円以下の時には基本的に関税が無税となる

また、仮に16,666円以上購入した場合でもこのサイトをご覧になられている方は自転車のパーツ等購入される方が多いと思います。これらの商品は関税率が0なため関税が発生しませんので安心して下さい。
因みに衣類は関税が発生するため、16,666円以上の場合は関税が発生します。因みに衣類の税率ですが、簡易税率(課税価格20万円以下に適用)で10%です。

消費税

 消費税は関税と違い全ての商品に対して発生します。但し、関税同様、課税対象額16,666円以下であれば無税となります。16,666円以上であると消費税が発生しますが、決まり事①により実質商品価格の6割に対して課税されますので、現在消費税10%なので約6%と考えて頂いて問題ありません。

みやわた

本当は、関税額に対しても消費税は発生しますが、
微々たるものと思うので気にしなくて大丈です。

最後に

 今回は、海外通販サイトの利用方法について記事にさせていただきました。みなさんも上手く海外通販サイトを活用してお得にアイテムを購入し、充実したトレーニング、レースを行なって下さい。最後まで読んでいただきありがとうございました。